大阪湾奧アジング メジャーポイントで中アジの回遊あり!

アジング
スポンサーリンク

そろそろアジが釣れてもいい頃だと思い、最近は南港に行っていないな・・・と思い、舞洲から南港に行きました。

深夜にラッシュ!

ポイントを変更して正解だったかも。

0時前に到着して、反応が無いな、と思ってあきらめかけたその時。

ワームがちぎられています。

アジかどうかわかりませんが、ボトム付近で時折バイトがあります。

潮流があるので、通すポイントを探っていると、来ました!!!

0時頃にアジです。

サイズは小さいものの、いることを確信。

カウント25位でジグヘッドも0.6gと軽め。

潮流に対しアゲインストに引いてくると、強めのバイト!

あーーー。サバ。

今日もダメかもと思って、同じポイントをトレースすると。

来ました。

形はいびつですが、中アジです!

ボトム付近まで落として、テンションを抜いたら、ヒットするといういわゆる吸い込みパターンですね。ティップが硬いので、テンションを抜く必要があり、誘ったあと、意図的にティップを10cm位下げてテンションを抜いてやります。

そうすると連発です。

小鯵ですが。

3連続ヒット。

レンジもまばらで、群れが入ってきた様子です。

時折サバが混じりますが。

良いサイズのアジも回遊があります。アタリは小さいので丁寧に探る必要がありますが、バイトに持ち込むとガッチリ吸い込むので、綺麗にフッキングしますね。

ワームはすべてマゴバチのクリアパール。

カラーと柔らかさがマッチしてます。

少しアタリが遠のきましたが、慎重にトレースすると、またまた中アジです。

小あじを追加。

このあと、サバを2本、小あじをポチャンとして、2時頃にはアタリが無くなりました。もう少しと粘っても回遊がほぼなくなりましたので納竿しました。

釣果

あと1匹でつ抜けでしたが、22cmクラスが4匹と小あじ、豆アジがパラパラと釣れる結果に。

最終、流れにドリフトさせ、テンションを緩めた瞬間にアタリが連発したので、もう少し早く気づいていればつ抜け出来たと思います。

フッキングについて

喰い気はありますが、ティップが柔らかい方がフッキング率が上がりそうです。

かなり小さなアタリが多く、時折ワームだけがずれていることがあります。その為、固めのロッドで掛けに行くと、フッキングせずに掛からない状態に。

数を釣るには吸い込みを邪魔しない動きが重要になりそうです。

回遊ももう少し安定して、数が回ればもっと釣れるんですが、久し振りにアジングで満足できました。

コメント

  1. 南さく より:

    今晩は。ともにぃさん、さすがですね。

    それに、詳しい釣り方の説明ありがとうございます。

    次回のアジングに生かしたいと思います。

    11月15日にナイトアジング行って18~20cmのアジ3匹釣りましたが、同じポイントでは釣れず10mほどポイント移動して釣れました。(すぐスレるのでしょうか。一度はアタルのですがノラズ。後はアタリなし。)

    今は、南港周辺の釣り場で偏りがかなりあるような気がします。

    あと、教えて欲しいことが一点。

    「潮流にたいしてアゲインスト」は潮の流れの下流側にリグを投入して上流側に探っていくという解釈でいいのでしょうか。

    忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

    • ともにぃ より:

      南さくさん
      たまたま回遊があったんですよ、運が良かったです。
      個体数が少ないのと、居着きポイントが中々見つからないので、どうしても回遊待ちになってしまってますね。

      「潮流にたいしてアゲインスト」は潮の流れの下流側にリグを投入して上流側に探っていくという解釈でいいのでしょうか。
      → その通りです。巻かずにおいても流れがあるのでリグは泳ぐんですが、
      アジの吸い込むバイトだとおそらくテンションが掛かりすぎてフッキングしないんですよね。
      バイトがあったら、数センチでも送り込んでやると、深いバイトになることがありました。
      このテンションが嫌なのか、見切られてしまって?スレてしまうことが多いですね。

  2. 南さく より:

    丁寧な説明ありがとうございます。

    次回もう少し取れるようやってみます。

    また、お願いします。

タイトルとURLをコピーしました