大阪湾奧アジング 激流の中での豆アジの攻略(in舞洲)

アジング
スポンサーリンク

今季アジはまだ1匹と悲しい状況ですが、よく釣れている舞洲に来ました!

21時から24時過ぎまでの釣行です。

釣果を伸ばすポイント

緩やかな潮ですが、夢舞大橋下では左から右に流れていることが多く、かなりの強さで流れています。

この流れをどうとらえてセッティングを決めるか、重要になってくるようです。

私の場合は、1g以下のジグヘッドで攻略することが主でしたが、今回1g以上のジグヘッドを使用してみて、釣果を大きく伸ばすことが出来ました。

考え方をまとめますので、参考なれば幸いです。

流れに対して重さが適正か

実際、流れが強いと沈みません。

今回は、1gのジグヘッドで開始しましたが、着底が取れるかどうか微妙な位の激流でした。

なお、護岸沿いの潮目についていることは理解していた為、隣の方とお祭りにならない程度の流しっぱなしをしていると、コツ、とあたりがありました。

15cm程度の豆アジですが、フォール中、もしくは着底のままステイ でバイトがあった形でした。

ここで重さが適正かどうかなんですが、

1gで着底が微妙であれば、重くすることが重要となってきます。

今回は1.2g~1.5gまで上げてみました。

30分位でもう1匹追加です。

1.2gです。

フォールが早くなったのか、手返しも良くなりました。

しっかりとバイトしています。

重さが適正かどうかというのは、

・リグを沈められているか。

・アタリが取れる状態か。

という2つの観点からタックルを見極めるということですね。

実際はこんな基本的なことで大きく釣果を左右することになる訳です。

なお、上記でフォール中と記載しましたが、潮が流れている状態で単なるレンジキープでもバイトを得られていると考えられます。

つまり、潮の流れにリグをとどめておくことで、あえてリールを巻かなくてもゆっくりリトリーブしている状態を作り出せます。

その結果、ワームが泳いでいる状態になりますから、そのワームの動きに対象が反応する訳ですね。

ジグヘッドの形状

上記のワームの動きに連動して、ジグヘッドの形状も非常に重要になってきます。

リグのアクションとフォール姿勢、レンジキープのしやすさ等から選択すべきですが、どうしても使い慣れたものばかり使用してしまいます。

3匹目はちょっと掛かりましたが、ジグヘッドを1.5gのダートタイプに変更して変化がありました。

15cmクラスの豆アジですが、ジグヘッドを丸飲みです。

恐らく、スライドフォールでフォールスピードが速いことが影響してバイトがあったと思われます。

その後、サバが回ってきましたが。

アジを追加していきます。

ボトムを取る

釣果が伸びないので、ボトムを取るようアップクロス気味にキャストし、出来る限りボトムを這わせるようなリーリングを心掛けました。

ステイも取って単調にならないよう丁寧に探ると。。。

本日一番のサイズです。

※20cmなので小さいですが。

同じくボトムを取るようにします。ステイ中にヒットが続きます。

今回は豆アジでした。

釣果の出たポイントをおさらい

バイトだけで20は超えていたと思いますが、サバ2、アジ7の全部で9キャッチでした。

※アジ2匹は隣の方に頂きました。ありがとうございます。

まず今回分かったことを以下まとめると・・・。

流れがある場所ではジグヘッドは重めにセッティングする

ボトムが取れないと結局ボトムのアジが取れません。ボトム狙いを外すとアジが釣れる確率を下げてしまうので、確実にボトムが取れる方がいいです。

護岸沿いの流れにつくアジを拾うには遠投しすぎない

手前で釣れるのに遠投していると、手返しが悪くなってしまいます。

ジグヘッドの形状に注意する

フォールで喰ってくる場合はラウンドタイプが良かったります。

こればっかりはシュチュエーションによりますが、スライド、ダート気味の方が喰いがいいか等は、リグのローテーションを行い適正にチェックすればおのずと見えてきます。

今回は、ラウンドタイプのジグヘッドの反応はほとんどありませんでした。

流れに対して流すか(ドリフトさせるか)、引いてくるか

流れに合わせて流すか、流れに逆らってキープレンジやリトリーブでであたりを待つか、で釣果が変わりますね。

まとめ

シンプルにジグヘッドを重くするということが出来ればもう少し早く釣れていたかもしれませんが、リグのセッティング以上に、流れの攻略がカギになってきますね。

特に橋脚下で流れが反転するところはアジがたまりやすいので、そこにキャストしてボトムに落とす等はねらい目だったりしますね。

もう少し早く気づけばツ抜け出来たのですが、収穫があったので良い釣行となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました