もう液漏れしない!VERSUS/バーサス リキッドパック 3サイズのインプレ ガルプシリーズやエコギアアクアにはこれで決まり!!

バッカン・タックルボックス・クーラーボックス
スポンサーリンク

もう液漏れとはおさらばです。

「一瞬のスキも与えない」がコンセプトの何かと便利なバーサスのリキッドパックですが、今回携帯用に415サイズを購入したので3サイズ揃いました。

安心の、メイドインジャパンです!!

液漏れの原因

これですよ。

ガルプシリーズを使うと起きるんです。

集魚用の液体に浸されたワームでジッパー付きの袋なんですが、このまま使うと液漏れで鞄やタックルボックスが液漏れですごいことになります。

特に匂いが・・・ね。

そこで、自分はメイホウバーサスのリキッドパックを購入しました。

ほとんどの人が詰め替えているんですが、結構なお値段するので100均の入れものに入れている人とかビンに入れている人が多くいるみたいですが、

口が小さくて/深くて取り出しにくいとか、

結局漏れちゃうとか、

などなど、不満を抱えたまま使っている人が多いようで。

液漏れ対策はこれが一番なんですよね。

リキッドパックのサイズ展開

左から430、425、415の3サイズ展開です。

サイズは以下です。

415・・・60×60×35mm

2インチまでのボリューム感があまり無いアジングワームにオススメ。

薄いので携帯にも便利です。

425・・・80×80×44mm

オールラウンドです。大き目サイズが必要な時はこれ。

アジングでも、チニング・ブリームゲームでも。3インチ程度のワームでもなんとか使えます。一番汎用性が高いのがこれ。厚みも一つ上の430と同じですから、ワームサイズや携帯できるサイズ感から選べばいいですね。

430・・・110×110×44mm

415の倍以上の大きさがあるので保存用に良いかも。

個人的にはストック用ですね。

リキッドパックの使い方

スクリューロックなので、上蓋をねじって開閉するのみ。使い方は非常に簡単です!

なお、塩ガミや砂ガミしない様に気を付ければ、立てておいても基本的に液漏れしませんよ!!

その他の注意点として、

いろんなワームを混ぜて使わないことですね。モノによっては分解されてしまうこともあります。

→ なお、ガルプとエコギアアクアのワームは一緒に入れても大丈夫なようです。

また使用済みのワームについては、きちんと水道水で洗ってから戻してあげましょう。

→ ゴミや汚れが付着していると、成分分解が始まってドロドロになってしまうかもしれません。

夏の日なたや、車の中等熱い場所は避けましょう。

→ 熱気がこもったり、暑くなって破裂したり、液漏れする可能性があります。※自分は液漏れすらしたことはないですが。

保存液はどうする??

それぞれに使う保存液ですが、 ガルプのリチャージジュースに浸しています。

時々入れ替えてあげると良いです。

エコギアアクアシリーズもガルプ液に浸しています。

自分が使用してきた限りでは、特に分解されたり、劣化したりしなかったので基本的には問題ない思います。

まとめ

サイズ展開が3種類あるので、自分の釣行のスタイルに応じて購入するといいですね。私は主にブリームゲームにて425、アジングにて415を使用しています。

一度買うとかなり長く使えるので、コスパは非常にいいですね。

大・・・3~4インチワームやストック用として

中・・・2~3インチ迄のワーム

小・・・2インチクラスのワーム

特にリチャージジュースを買っておくとワームの持ちが違ってきますので、一緒に購入した方がいいですね。

エコギアアクアのワームでも使えるので、1本あればかなり広範囲に使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました