タチウオにはこれ!!エコギアの『3Dジグヘッド』『パワーシャッド』のセッティング方法!

ワーム・フック
スポンサーリンク

もうすぐおかっぱりからのタチウオシーズンに入る地域もあると思いますが、どんなジグヘッドを使っていますか。自分はワインドが中心なので、定番(OZさんです・・・)のジグヘッドとワームでセッティングしています。

しかし、一時期、定番ルアーを上回る信頼を寄せていたルアーがありました。

それは、エコギアの3Dジグヘッドとパワーシャッド(グラスミノー)です。

タチウオ狙いに最適で、状況に合わせて自重が選べる優れモノ!

3Dジグヘッドとは?

これです!!

ドジョウみたいなフォルム。大き目のフックに、エコギアのパワーシャッドグラスミノーをセットして使います。

定番カラーが、この夜光タイプ14gです。

パワーシャッド4インチのミッドナイトグロウに合わせたもの。これが定番中の定番でスタンダードセッティング。

またアシストフックが標準で付いているんですね。

ラインナップ

この夜光タイプのラインナップは、14g、20g、30g、40gと4種類??ですが、おかっぱりでの実用性から考えると14g、20gがメインになりますね。

アンペイド(塗装なし)については7g~、あります。

これはアンペイドの7gにグラスミノーのLを合わせた形。

11gなどのサイズもあるので、アンペイドでウェイトをそろえるとフォールスピードの調整が出来ておすすめです。

ターゲット

主にターゲットは以下です。

タチウオ
シーバス
ヒラメ、マゴチ等のフラットフィッシュ

サゴシやハマチ等の青物の回遊があるとヒットすることも!!

セッティング方法

1.パワーシャッド4インチを用意して、ワームの頭を切ります。

まっすぐカッターなんかで切り落としましょう。

2.テールの向きに注意してメインフックを刺します。

現場でセッティングできなくはないですが、どうしてもセッティングが甘くなるので、事前に準備した方がいいですよ。

アシストフックはこれ。

カツイチ(KATSUICHI) のトレーラーチェーサーTH-2のフックサイズが1/0です。

3.フックに浮きゴムを5ミリ位カットしたものをセットして。

4.メインフックに刺して固定します。

5.出来上がり。

タチウオ狙いの場合は、アシストフックが無いとバラシが多くなりますよ。

アクション

フォールパターンでも、ダートでも、スイムでも行けます。ベイトサイズを確認しながら、パワーシャッドをチョイスします。

基本は4インチを選ぶといいですね。

7gは喰い込みが浅い時等に使用します。

パワーシャッドよりサイズを小さく見せる為にグラスミノーを使うと喰く、周りが釣れていないときに連発することがあります。

タチウオゲームでの大爆釣のポイントとは? 泉南岬町深日漁港
前回の爆釣が忘れられず、大阪府の最南端岬町にある深日漁港にまた来てしまいました。釣果アップのコツはスローリトリーブでした。深夜の深日漁港2018/9/22の三連休の初日の夜、23時30分にエントリーします。激しく混んでいる状態ではなかったで

カラーは蛍光タイプがマストですが、ミッドナイトグロウとパールホワイトの2色を持っておくといいですね。

特にミッドナイトグロウで喰わない時、パールホワイトを試してみるのが良いです。

まとめ

このセッティングの素晴らしい所は、初心者でもスローにただ巻きのみで誘えるんです。

でも、ただ巻きだから簡単という訳ではなく、チョイスするワームや自重で大きく釣果が変わるので、いろいろとサイズをそろえてみると面白いですよ。

比較的敷居が低いルアーですが、パターンやターゲット等を研究すれば奥深い攻めが出来るいいルアーだと思います。

定番サイズ!!

定番カラー!!

14gの3Dジグヘッドのアシストフックはこれ!

渋い時はこれ!

ウエイトバリエーションが豊富で、ターゲットやエリアに応じて効果的なセッティングが選べるジグヘッド。

このジグヘッドに最適なサイズ感。

水の抵抗を受けてベイトフィッシュの尾ビレのように振動するテールと、ローリングしながらスイミングするボディ設計。

7gの3Dジグヘッドのアシストフックはこれ!

トレーラーフック「チェーサー」は、横倒角が小さく、トレーラーフックの方向性を安定させ、ウィードレス効果をUPさせる、独自のオーバルアイを採用。

定番ものから入れば、オールインワンセットもありますよ!

ワインドでのダートアクションに飽きた、疲れる等、少し変化がほしい時に!

または餌釣りから転向する際にも比較的簡単に出来るので是非!

コメント

タイトルとURLをコピーしました