田之浦漁港プラッギングトップと紀ノ川左岸でのナイトブリームゲーム!

プラッギング_トップ
スポンサーリンク

2日目は田之浦漁港でトッププラッギングに来ました。

田之浦でトッププラッギング!

5時前にエントリーしました。

入るポイントをかなり悩みましたが、片男波に行くのが良かったのか、もしくは浜の宮付近が良かったのか。

駐車場が早朝から開いているのが、田之浦位だったので行きました。

ただ、チヌの反応が薄く、早々に移動しました。

結局昨日と同じドッグランに。

7時頃に入りましたが、すでにかなりの人が入っていました。ただ、下げに入っていたので、反応が無く終了。。。

紀ノ川左岸

今回、左岸でも釣果が出せるんじゃないかと思っていたので夕マヅメ狙いで来ました。

18時から20時前までやりました。

初めはバンドゥクロー4インチをフルキャスト。

マゴチ狙い、キビレが出ればと思い遠投キャストしていきます。

反応がないので、カッティングベイトにチェンジ。一度、着水後すぐにヒットしましたが、カッティングベイトがちぎれてしまいました。

何が掛かったのか気になりますが、すぐにばれてしまいました。

ナイトゲーム

日も暮れて、遠投ではだめだと思い、手前にキャストして反応を待ちます。左岸は10m~15mのあたりまで石畳があり、その先を超えないと干潮時等は釣りにならないです。

ただ、このタイミングは満潮に近いタイミングですから、石畳が切れるブレイクのポイントをねちねち攻めるとヒットしました!!!

が、ばれてしまいました。。。。

リグは5.3gのテキサスリグ、リトルスパイダー2インチでステイを中心に待ちます。

そうすると、コココっとヒット!!

小さいですが、マチヌゲットです!

30cm位ですね。

時間がタイムリミットなので、この1枚ですぐに納竿しました。

攻略ポイント

前回とほぼ同じです。

10m前後のブレイクポイントでのステイ。

前回はフォール時にバイトだったんですが、今回の2ヒットはステイのみ。

これだけです。

恐らく、近いポイントでベイトが合えば喰ってきてくれます。ワームサイズを落としてあげるとシンカーも軽くできるので喰い込みも良くなりました。

フックサイズも合わせて下げる必要が出てきます。

タックル

使用したタックルはこちら。

  • ロッド:ブレニアス 80L(改)
ティップが折れた中古のチニングロッド『ブレニアスS708L』を購入してガイド補修してみました!(前編)
中古のブレニアスS708Lを格安で入手! 格安の理由はティップ折れの為。 旧モデルの中堅クラスのロッドの為、ガイドを巻き直せばかなりいい感じに仕上がると思って購入しました。 ソリッドティップチューンでチタンガイドへ...
  • リール:ヴァンフォード 2500SHG
  • ライン:PE 0.6号
  • リーダー:フロロカーボン 12LB(シーガー)
  • フック:TNSオフセット#6
  • シンカー:タングステンバレットシンカー:5.3g
  • ワーム:リトルスパイダー2インチ
ソフトで絶妙な張り、そして高い浮力。特殊なゴム系コンパウンドで作られた他に類を見ない精密スカーテッドグラブです。

 

紀ノ川でのチヌの魚影は?

比較的魚影が濃いですね。

また淀川に比べてキビレよりマチヌの方が多い印象です。2か所しか入っていませんが、ブレイクの攻略が出来れば、プレッシャーが淀川より低いのでバイトはたくさんありそうです。

ロストリスクがあるので難易度は高めですが、うまくハマればツ抜けも用意に出来るように感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました