淀川ブリームゲーム フリーリグ攻略

ブリームゲーム
スポンサーリンク

旧モデルのシルバーウルフでエントリーしました。

ロッドが柔らかいのですが、どんなフィーリングになるかテストを兼ねた釣行です。

ジャーキング??

開始早々早速ヒットしました。

キャストからステイでのヒット。サイズの割にあまりひかないです。35cm位ですね。

ロッドが柔らかく、うまく引き逃がしているので、挙げるのはそこまで苦労しないということですね。

カッティングベイトにチェンジ。

だめですね。

スローリトリーブで誘いますが、そもそもアタリが無い。いると思いますが誘えていないんでしょうね。

再びクレイージーフラッパーへ戻します。

ふと思いつきでかなり強めにジャークしてたらヒットが連発です。

・・・・もしかして??

そういうことか。

ファストアクションへの反応ですね。

短く早いアクションにかなりいいリアクションです。

ミニセイゴがヒット。

これは、もしかして。

カッティングベイトに変更です。キビレナチュラルというカラーです。

これがはまります!

一投目でヒットです。

がしかし・・・。出なくなりました。

ここでロスト連発です。

ロッドのテンションをかけない方があたるので、テンションを抜いてステイする際、何度もスタックしてしまいました。

ドロップシンカーが無くなってしまったので、テキサスでやりましたが・・・

やはりダメですね。

重いと思いながらも、10gのドロップシンカーにチェンジします。

やはりちょっと重いです。キャストは問題ないんですが、アクションがもたつく感じが否めません。

そうこうしていると、ジャーク後のヒットですね。

ここから続かずに納竿しました。

フリーリグのアクションについて

フリーリグはすり抜け精度が高いので扱いやすい

という意見が多いと思います。

ボトムバンプやテンションを抜いた誘いの際に、障害物の隙間にフォールしてスタックするリスクが高いので、個人的に使用するのを躊躇することが多く、テキサスリグが中心でゲームしていました。

今回は、

小刻みなジャークでスライドさせた後、ラインのテンションを抜いてやることで喰い込みが良くなった。

しかしその影響でスタックも増えてしまう という結果に。

つまり、

フリーリグはリトリーブの方が相性がいい。

と言うことでしょうね。

なぜならリトリーブだとテンションを保ったまま巻いていきます。

つまり、

ボトムコンタクトしながらラインテンションを維持することで、障害物の隙間等のフォールしてスタックするケースが格段に減る

ということですね。

今回の釣果は早いフォールスピードがキモでしたので、このリグ出ないと取れないケースがあることを認識できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました